会社沿革

1920年~

1926年(大正15年) 自転車部品製造の丸一製作所を発足。

1930年~

1935年(昭和10年) 自転車鋼管の製造を開始。

1940年~

1940年(昭和15年) 丸一鋼管工場と改称。自転車部門を分離。
1947年(昭和22年) 12月 株式会社丸一鋼管製作所を設立。
本社を大阪市東住吉区(現・平野区)加美橘町に置く。

1950年~

1956年(昭和31年) 12月 大阪出張所を改組し、丸一鋼販株式会社(現・連結子会社)を設立。
1957年(昭和32年) 12月 本社を大阪市東住吉区(現・平野区)加美神武町に移転。
大阪工場を新設。
1958年(昭和33年) 5月 東京事務所を開設。
12月 米国アビー・エトナ社製の電気溶接製管設備を輸入し、ガス溶接方式から電縫管メーカーに転換。

1960年~

1960年(昭和35年) 3月 丸一鋼管株式会社と商号変更。
9月 名古屋事務所を開設。
1961年(昭和36年) 9月 東京工場を新設。
1962年(昭和37年) 3月 東京・大阪両証券取引所市場第二部に上場。
1964年(昭和39年) 8月 東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場。
9月 福岡事務所を開設。
1965年(昭和40年) 4月 堺工場を新設。
1966年(昭和41年) 2月 広島事務所を開設。
10月 名古屋工場を新設(昭和59年現名古屋工場へ統合)。

丸一製作所時代のドローベンチのメインギア 直径約1.8m

1936年 皇室に献上用に製作された自転車ハンドル

1957年 旧本社(現研修センター)落成披露当日

アビー・エトナ社製2インチ電縫製管機

1964年 東京オリンピックに使用されたマルイチポール

1965年頃 旧本社と大阪工場

1965年頃 堺コンビナート工業地帯の堺工場。周辺はどこも未着工。

1968年 銀座通りを彩る丸一の角パイプ(ガス灯タイプの街路灯・交通信号機)

1970年~

1970年(昭和45年) 2月 北海道丸一鋼管株式会社(現・連結子会社)を設立。
札幌事務所を開設。
1972年(昭和47年) 2月 大阪事務所を開設。
11月 堺特品工場を新設。
12月 インドネシア鋼管株式会社(ISTW)が操業開始。
1973年(昭和48年) 10月 東京第二工場を新設。
1974年(昭和49年) 7月 四国丸一鋼管株式会社を設立。
11月 九州丸一鋼管株式会社を設立。
1977年(昭和52年) 4月 名古屋第二工場(現名古屋工場)を新設。
1978年(昭和53年) 2月 本社を大阪市西区北堀江に移転。
12月 カリフォルニア州にマルイチ・アメリカン・コーポレーション(MAC)(現・連結子会社)を設立。

1980年~

1989年(平成元年) 11月 詫間工場を新設。

1990年~

1995年(平成7年) 1月 鹿島特品工場を新設。
10月 東京第二工場リフレッシュ工事完了。
1998年(平成10年) 11月 北海道丸一鋼管株式会社の札幌工場を苫小牧工場に統合。

2000年~

2000年(平成12年) 10月 カスガ工業株式会社(現・非連結子会社)の株式取得。
2001年(平成13年) 7月 丸一インベストメント有限会社(但し、平成24年10月1日吸収合併済)を設立。
2005年(平成17年) 8月 丸一インベストメント有限会社によるウイニング・インベストメント・コーポレーション(現・持分法適用関連会社)の株式取得。
2006年(平成18年) 3月 四国丸一鋼管株式会社(現・連結子会社)の株式追加取得。
11月 ベトナム:サン・スチール・コーポレーション(現・マルイチ・サン・スチール・ジョイント・ストック・カンパニー、現・連結子会社)持分取得。
2008年(平成20年) 5月 米国:MKK・USA・インク(現・連結子会社)を設立。
5月 米国:レビット・チューブ・カンパニー・LLC(現・マルイチ・レビット・パイプ・アンド・チューブ・LLC、現・連結子会社)持分取得
11月 ベトナム:サン・スチール(ハノイ)・カンパニー・リミテッド(現・マルイチ・サン・スチール(ハノイ)・カンパニー・リミテッド、現・連結子会社)を設立。
2009年(平成21年) 3月 株式会社アルファメタル(現・連結子会社)の増資を引き受け、子会社化。
12月 インド:クマ・ステンレス・チューブ・リミテッド(現・マルイチ・クマ・スチール・チューブ・プライベート・リミテッド、現・連結子会社)の持分取得。

2010年~

2012年(平成24年) 1月 メキシコ:マルイチメックス S.A. de C.V.(現・連結子会社)を設立。
2014年(平成26年) 5月 東京工場を東京第二工場へ統合し、同工場を東京工場と改称。
2015年(平成27年) 3月 米国にマルイチ・オレゴン・スチール・チューブLLC(現・連結子会社)を設立し、同国のEvraz INC,NA社傘下のEvraz Oregon Steelの構造用鋼管事業を譲り受ける。
2016年(平成28年) 3月 大阪工場を堺工場へ統合し、大阪工場を大阪倉庫と改称。
2018年(平成30年) 10月 本社、大阪事務所、営業部電材課、丸一鋼販株式会社 本社、同大阪営業所を大阪市中央区難波の現在地に移転。