労働安全衛生基本方針

丸一鋼管グループは、経営理念にある「人間尊重」を基本とし、安全はすべてに優先するとの考えのもと、労働災害の防止は企業の社会的責任と理解し、安全衛生水準の一層の向上を図るため、労働安全衛生マネジメントシステムを積極的に展開し、職場内のリスクの確実な低減に取り組み、全従業員の安全と健康を確保し快適な職場環境づくりに努めます。

行動指針

  1. 安全第一、心身ともに健康を保ち、5S活動を通して快適な職場作りに努めます。
  2. 職場の自主的な安全衛生活動を展開し、労働災害の防止を図り、労働安全衛生活動を効果的かつ効率的に実施することにより、職場における安全衛生の水準の継続的な改善に努めます。
  3. 同一事業場で働く当社グループおよび協力会社の全従業員に対し、安全教育訓練を通して、労働安全衛生義務と自己の役割を自覚させ、労働安全衛生方針と労働安全衛生目標の周知徹底に努めます。
  4. 安全衛生管理体制に関する法規制や社内規定を遵守します。

平成25年6月25日
丸一鋼管株式会社
代表取締役社長 吉村 貴典